タツノオトシゴ 海・森・干潟 自然はおともだち タツノオトシゴ

〜 其の4 〜

 

自然から街へ帰ってくると、“ああ、人間の住むところに戻ってきたんだなあ”と妙な安心感がある。

おなかがすいてきたので、何が食べたいかリストを作りながらふと財布をのぞくと・・・

 

英世主任が3枚 orz  かなり心もとない (;'A`)'A`)A`)`))

 

とりあえず、明日のダイビング代はクレジットカードが使える、あさってのツアー代はすでに渡してある。

でも、5/2のフェリー代はどっち道もうない。

 

明日なら郵便局もあいてるかなあ。 

このまんまだと、食べたいものは何にも食べれないし、

外で食事をするときに金額を見て頼むということはしたくない。

 

食べたいものを食べる(・∀・) ささやかなポリシーw

 

とりあえず、郵便局に下見に行く。 明日にはお金を下ろさなければかなりピ〜ンチ

なっ、なんと祝日の今日も19時まで ATM が開いている。

明日も、明後日も、GW中毎日9時から開いている。

 

 

かっ、感激 。・゚・(ノД`)・゚・。

 

 

普段、見ることの出来ない諭吉部長を6枚ほどGET☆

これで好きなものも食べられるヽ( ´ー`)ノ お酒も飲めるw

食べたいものリストを手に握り締め、 ( ̄ー ̄)ニヤリッ

 

石垣 食べたいものリスト

 

 ・ アバサー(ハリセンボン)唐揚

 ・ ヤシガニ 刺身

 ・ ミーバイ 煮付

 ・ イラブチャー 焼魚

 ・ グルクン 唐揚・焼魚

 ・ シャコ貝 刺身

 ・ タコライス

 ・ 石垣牛 焼肉・生刺身

 ・ やぎ汁

 ・ 海ぶどう

 ・ ジーマミ豆腐

 ・ 魚貝のグリーンカレー

今日は、魚貝をせめてみよう! 

アバサーとヤシガニは絶対はずせない (゚゚)!

ヤシガニは1万円クラスの高級品といわれているが、懐あったかなのでど〜んとこい☆

石垣のフリーペーパーで、アバサーが食べれそうなところ何軒かに目星をつけて

アバサーとヤシガニ、今日ありますか?”と聞きまくる。

市場から高級料理屋、懐石料理屋、居酒屋、郷土料理屋をあたるものの すべて不発 il||li(゚ロ゚;) il||li

 

“アバサーを出しているところが一軒ある”との情報をもらうものの、改装中で明後日までお店が閉まっているらしい。

“ヤシガニはまだ時期にははやいよ。夏まではどこもだしてないじゃないかなあ”と

メニューにヤシガニの写真がのっているところですらこのありさま |〃´△`)-3

 

市役所通りの ゆんた というお店にふらりとはいって、何度と繰り返す質問をすると、

イケメン(・∀・)店長さん がそこらじゅうのお店に電話をかけてくれる。

“ミーバイの煮付けなら、すぐ傍の 楽園 というお店にあるみたいだけど、アバサーはどこもないようですねえ”

私好みの綺麗なお顔でそんなことを言われちゃったら、そこに行くしかないでしょう ( ´∀`)

店長さんの顔を肴にここで食べてもよかったんだけど、

電話までかけてもらうというご好意をたまわったのだから、素直に甘える。

お店の外まで見送ってくれた店長さんに食べたいものがなかったことを謝られてしまう始末 orz

なんだか、石垣島っていいところだなあ (´Д⊂

 

 

丁寧にお礼を言って、楽園で ミーバイの煮付け にありつく。

味付けはお店の人におまかせw

あれれ、泳いでいたミーバイは茶色だったのになんで赤!!?? 

お店の人に聞くと、“種類がちがうんですよ”だって。

 

グルクンの唐揚 もあったので注文! すっごい顔w

“シャコ貝は今日は残念ながら入荷してないけど、 タカセ貝 の方がおいしいですよ。 食べてみますか?”

そういわれてしまったら、食べずにはいられないでしょう。

歯ごたえはサザエのこりこりっとしたのにそっくり。

マース(塩)と山葵醤油を試すが、だんぜん 山葵醤油が ( ゚Д゚)ウマー

桃のチューハイをあけて、二杯目のシークワーサーにはいりつつ、食がすすむ ヽ( ´ー`)ノ

 

沖縄にきたら“泡盛”が常識だけど、泡盛はどちらかというと苦手。

黒糖のお酒がのみたいなあとふと思ったので、あとでカクテルバーにいくかのお。

昨日に引き続き、お店の人がちょくちょく話しかけてくれるので、ひとりで食べているっていう感じもなく、

楽しくご飯が食べられました ヽ( ´ー`)ノ ・・・ちょっぴりほろ酔い。

“シャコ貝の貝殻だけでも”と、お土産に貝殻をもらい、酔い覚ましをかねて散歩をする。

 

昨日行った貝屋さんをのぞくと、 今日獲ってきたほら貝 が吊り下げられている。

重石をつけて、中身を一日がかりで取り出すらしい。

“食べれるの?”と聞くと、

“黄色い部分だけは食べられるよ。でも明日まではでてこないよ”といわれる。

とりあえず、触ってみるが、ぬめぇっとして気持ち悪い。

ぜひとも海の中で見たいものだ。

明日のダイビングのときにリクエストをしようっと。

 

公設市場に向かって歩きつつ、いろんなお店をひやかす。

気に入ったお店があやぱにモール内にある 流木民

自然素材の一点ものは、ため息がでるほど綺麗。

黒いモダマや赤いデイゴの実、白いハナノミカズラの実や紫檀(シタン)という流木などなど。

削ったり、磨いたりした後、手作りの油を塗った光沢のあるパーツを使ったアクセサリーは、結構いいお値段。

高いものだと10万円クラス。

安くても1万円近いものがごろごろ。 

 

パーツ売りもしていたので、パーツを買うかどうかで悩む。

私が気に入っている形のものは、“ひとつ5000円はくだらないなあ”といわれるし、悩んで悩みまくる。

オーナーの秘蔵パーツも見せてもらいつつ、まったりとお話をしていたら、

閉店時間を15分も過ぎてしまったので、結局何も買わずにお店を出る。

 

ちょっと予算オーバーだったなあ・・・ 残念 (´・ω・`)

 

一度部屋に帰ってシャワーを浴びてから、BARに繰り出そうと思っていたら、テニス仲間からメール受信!

なっ、なんと、2月に名古屋を離れたメンバー・ あいのり君 が里帰り、サークルに顔を出しているらしい。

なんで人がいないときに現れるんだ〜 (;・∀・) と近況を聞くと、

なにやら ゲイバーにはまっているらしい orz

こうやって、また元の仲間が気軽にもどってきてくれるサークルはやっぱりいいなあ ヽ( ´ー`)ノ 

この日は遅くまでもりあがったらしい。

(後日、あいのり君は名古屋に帰ってまいりましたw 半年足らずの都あがり)

 

メールのあついwやり取りをしているうちに、なんだかお酒はどうでもよくなってしまい、外出は中止。

明日ダイビングだし、深酒はだめだよなあ・・・

まだ眠くないし、宿にあった雑誌や漫画を読み漁る。 

 

明日は晴れるといいなあ (´ー`)y─┛~~